お肌の若々しさを保持する新陳代謝、即ち皮ふを生まれ変わらせることができる時間帯というのは一部に限られていて、それは夜に睡眠を取っている間だけなのだそうです。

老けて見える顔の弛みは不必要な老廃物や余った脂肪が滞留することにより進行します。

リンパ液が悪くなってくると色々な老廃物が蓄積し、むくんだり、余分な脂肪が付きやすくなり、たるみの素になります。

尿素水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加した美肌水はお肌に優しく、乾燥肌の人に効果的です。

防腐剤や香料などを混ぜていないため、お肌の敏感な方でも使用できるのが特長です。

患者さんは一人一人肌の性質は異なりますし、遺伝的なものによるドライスキンなのか、もしくは生活習慣などによるドライスキンなのかというタイプに応じて処置の仕方が大きく異なってきますので、充分注意を要します。

美白(びはく)という概念は1995年から1999年頃にかけて料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子の台頭とともにブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニンの沈着による様々な皮ふトラブル対策の言葉として用いられていた。

たとえば…あなたは今この瞬間、PCを眺めながら頬杖をついているのではありませんか?実はこの癖は手のひらからの圧力をフルに頬へ与えて、皮膚に対して不要な負担をかけることにつながっているのです。

若い女性に人気のネイルケアとは、手足の爪や指先を手入れすること。