また、整形外科学(orthopedic surgery)とも勘違いされやすいのだがこれは全く分野の違うものである。
ホワイトニングは、色素沈着のみられない、更に白い肌を重要視する美容分野の観念、或いはそんな状態の肌そのもののことを言う。
主に顔面の皮膚について用いられることが多い。
肌のターンオーバーが狂ってしまうと、様々な肌の老化現象や肌トラブルが起こるようになります。

目元などのシワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・弛み・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、言い始めたらキリがありません。
メイクアップの長所:メイク後は自分の顔が少し好きになれること。
顔にたくさん存在する面皰・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷跡を上手に隠せる。
段々とキレイになっていくというワクワク感。
「デトックス」というワード自体は聞き慣れてしまった感があるが、あくまでもだと捉えており、治療行為とは自覚している人は意外なまでに少ないらしい。
20才を越えてから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の社会人が徐々に増えている。
もう10年間もこのような大人のニキビに苦痛を感じている多くの女性が皮膚科の医院に来ている。
「デトックス」術には問題点やリスクはまったくないのだろうか。
そもそも身体に蓄積する「毒」というのはどのようなもので、その「毒素」はデトックスで体外へ排出できるのだろうか?下まぶたのたるみの解消策で最も効果的なのは、顔面のストレッチでしょう。