美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を矯正することよりも、専ら美的感覚に基づいて人体における容姿の向上を目指すという臨床医学の一つであり、完全に自立している標榜科目のひとつだ。
今人気の頭皮ケアはまたの名をスカルプケアとも呼ばれます。

スカルプは毛髪の困り事の代表である「脱毛」「薄毛」にかなり関わると供に、顔の弛みにも影響を及ぼすといわれています。

メイクアップでは傷などを隠す行為に主眼を置くのではなく、メイクを介して結果的には患者さんが自分の容姿を受け入れて、社会復帰すること、加えてQOLを更に高めることが目標です。

化粧の長所:新製品が出た時のドキドキ感。
化粧前のすっぴんとのギャップが好き。
いろんなコスメにお金をつぎ込むことでストレスを発散される。
メイクをすることそのものをもっと学びたくなる。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応といわれる状態の中でもことさら皮膚の慢性的な症状(湿疹・掻痒感など)が表出するもので要は皮ふ過敏症の一種なのだ。
さらに挙げると、弛みに大きく影響しているのが表情筋。
これは様々な表情を生む顔にある筋肉です。

皮膚のコラーゲンと同じように、この筋肉の機能も歳を取るに従い鈍くなるのです。

動かずに硬直した状況下では血行が良くなるはずがありません。
その結果、下まぶた等顔全体の筋肉の力が減退します。

顔全体の筋肉もよくストレッチをしてあげて、時々緊張をほぐす必要があるのです。

美容外科とは、正確には外科学の一分野で、医療を目標とした形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異質のものだ。